kkawataki

Images

85mmF2.8ISO: 6401/160s

新京極でのカフェ

提灯

新京極でのカフェはで印象に残っているのは食べ物もそうですけど、提灯は象徴的でした。穏やかな光の中でその字が際立っています。F2.8の aperture とISO640の設定は、暗がりの中でも提灯の暖かみをしっかりと捉えるのに十分な明るさを提供しているのではないでしょうか。シャッタースピードを1/160sに設定することで、提灯の動きもなく、クリアな写真になりました。ただ、ISOを下げることでより鮮明な写真が得られたかもしれません。

おしゃれなスイーツ

カフェでのスイーツの写真では、鮮やかな赤いドリンクとお菓子が、リラックスした休憩時間を演出できるようにしました。ISO1250とF4の aperture は、薄暗い環境の中での撮影に適しており、シャッタースピードを1/160sに設定することで、動きがなく、鮮明な写真になっています。ただし、ISOを少し下げても、手ブレを防ぐために十分な速さを保てたかもしれません。

最後の写真では、テーブルの上のスイーツが美しく配置されており、視覚的な味覚を誘う一枚です。28mmの焦点距離は、より広い範囲を捉え、F4の aperture は、食べ物の細部を鮮やかに表現しています。ISO320とシャッタースピード1/50sの組み合わせは、自然光の下での撮影に適しており、ISOをもう少し下げても、この静かな環境であれば、同じように安定した結果を得られたでしょうと思います。Foodie photography はむずいですね。